スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草野大悟

草野大悟(くさのだいご、1939年9月7日-1991年2月27日)は、日本の俳優。台湾・台現金化口コミ市出身。妻は女優の田島和子。目次1来歴・人物2出演作品2.1演劇2.2映画2.3テレビドラマ2.4ラジオドラマ3著書4その他(インタビューやエッセイ含む)[編集]来歴・人物鹿児島県で幼少期を過ごし、1958年に明治大学に入学するが、すぐに中退。1961年、文学座附属演劇研究所に入所。同期に岸田森、樹木希林、小川クレジットカード現金化 比較、寺田農、橋爪功、北村総一朗らがいた。翌年に準座員として文学座に入団、1966年に座員へと昇格する。1967年に文学座を退団し、その前年に草野に先駆けて文学座を離れていた岸田らが結成していた「六月劇場」に参加、以降は映画・テレビドラマへの出演も多くなる。舞台を中心に活躍する傍ら、岡本競馬情報、新藤兼人両監督の映画作品に常連として数多く出演。また、勝新太郎との親交も深かったことから、勝プロ製作のテレビ・映画にも頻繁に登場した。私生活でも大の親友だった岸田や、六月劇場の後輩・松田優作との共演も多数ある。また、思わず聞き惚れてしまうほどの美声の持ち主で、ラジオドラマやナレーション、朗読劇などでも活躍した。小山田宗徳に声が似ていたため、間違われることもあったという。ショッピング枠現金化の情報の特撮映画『ゴジラ対メカゴジラ』(1974年)では、猿人風宇宙人を怪演。宇宙人を猿人キャラにしたことについては、同作の特技監督である中野昭慶が、「配役が草野さんということで、自然とそうなっちゃったんですよ」とコメントしている。1991年2月24日、TBSラジオ『ラジオ図書館』の収録中に意識を失い、緊急入院。2月27日、脳内出血のため急逝。51歳没。[編集]出演作品[編集]演劇文学座時代ジュリアス・シーザー(1961年)光明皇后(1962年)唖しのユミュリュス(1962年)綾の鼓(1962年)ジークフリート(1962年)守銭奴(1962年)日本の孤島(1963年)トスカ(1963年)調理場(1963年)クレジットカード現金化(1963年)マリアのお告げ(1964年)三人姉妹(1964年)霊柩車とともに(1964年)無害の毒薬(1965年)怒りをこめてふり返れ(1965年)おりき(1965年)山壁(1966年)犀(1966年)振り向かない男(1966年)その他魂へキックオフ(1967年、六月劇場)夏(1968年、アンダーグランド演劇公演)かれら自身の黄金都市(1968年、六月劇場)夜うつ太鼓(1968年、六月劇場)阿賀野雅野(1969年、アンダーグランド演劇公演)海賊(1969年、六月劇場)バーディーバーディー(1970年、演劇センター)翼を燃やす、天使たちの舞踏(1970年、演劇センター)終盤戦-勝負の終り(1971年)翼を燃やす、天使たちの舞踏(1971年、演劇センター)狼少女(1971年)さらば滅亡の町よ(1973年)新・大晴天(1974年、自動座)盟三五大切(1976年、結城人形座)もっと泣いてよフラッパー(1978年、オンシアター自由劇場)毒薬と老嬢(1978年)ステージ・ドア(1979年)毒薬と老嬢(1979年)バースディ・パーティ(1980年)情婦-検察側の証人(1980年、スタジオ・ターボ)バーレスク1931(1981年、スタジオ・ターボ)花吹雪二人櫻(1981年)戯曲冒険小説(1981年)ねずみとり(1982年)刺殺遊戯(1982年)イカルガの祭り(1983年)オズの魔法使い(1983年)グレイクリスマス(1983年)タランチュラ(1984年)のすかいおらん(1984年)くたばれヤンキース(1985年)パチンコ攻略十郎と音次郎(1986年)涎れの天使(1986年)顧問弁護士(1986年)イェルマ(1988年)丘の上のハムレットの馬鹿(1988年)ハムレット(1989年)闇市愚連隊(1989年)流浪伝説(1990年)夏の盛り
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。