スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

官僚答弁禁止法案を補正成立後に提出 民主が確認(産経新聞)

 民主党政治改革推進本部は19日、国会内で役員会を開き、官僚答弁の禁止を柱とする国会審議活性化関連法案を、平成21年度第2次補正予算成立後に国会へ提出する方針を確認した。会合には小沢一郎幹事長も出席し、「しっかり頑張ってこの法案を成立させよう」と指示した。

 このほか、副大臣、政務官の定数を増やすための、内閣府設置法と国家行政組織法の改正案なども提出する予定。野党にも同調を呼びかけ、衆参両院の議会制度協議会での合意を目指す。

【関連記事】
鳩山首相、疲れて泣き言!?「トイレにとじこもりたい」
“法の番人”不在に 内閣法制局長官の答弁を禁止 通常国会冒頭から
官僚答弁禁止の国会法改正案、社民党が一転了承
永田町改造 小沢氏の「独断専行」には踊らず
共産党 民主とは「是々非々」 自民には攻勢

<虚偽記載>「代表選を意識」石川議員、小沢氏出馬に配慮(毎日新聞)
<時効見直し>「廃止」賛成が5割超す 法務省が意見公募(毎日新聞)
裁判員裁判「検察官の役割重大」担当検事らに法相訓示コメント(産経新聞)
おじいちゃん、おばあちゃんの孫への援助は年間75万円(産経新聞)
現場マンションに指紋の男、再逮捕へ 南青山の飲食店従業員殺害(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。