スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽くうつっぽくて外出するのがこわい。そんな男子のお守りに手作り「アロマ・バーム」



photo by Lan Bui

「心が弱った男子が買い求めるアロマ・オイル」の話題を先日ご紹介しましたが、今回は「軽くうつっぽくて外出するのがこわい。」という男子にプレゼントしたところお守りとしてとても効果を発揮したアロマ・バームのご紹介です。

レシピは植物オイルの研究者さんが教えてくださったものです。

アロマ・バームの使用方法はとても簡単。

外出するときに家の玄関で鼻の下にちょんちょんと塗って深呼吸するだけ。

外出先で急に気持ちが落ち込んだ時にもちょんちょんと塗ってオッケー。深くダイレクトに鼻腔を通じて浸透するアロマのちからが彼のことを守ってくれるようですよ。



■用意するもの

・植物オイル(ヘンプ・ホホバなどの)/10mL
・ミツロウ/2?3g
・精油/15?17滴(内訳:ベンゾイン3滴、フラキンセンス3滴、イランイラン3滴、ベルガモット6滴、ネロリ2滴)


作り方は以下に続きます。
 


■作り方

(1)ミツロウを湯せんや電子レンジで溶かす
(2)ミツロウが溶けたら人肌くらいにあたためた植物オイルを少しづつ入れかき混ぜる
(3)(2)を耐熱容器(クリーム容器)に入れる
(4)精油を全て入れ、よく混ぜ合わせる



■上記以外にうつっぽい気分の時に効果的な精油

サンダルウッド、ローズウッド、マージョラム、ベチバー、グレープフルーツ、オレンジ、ラベンダー


植物の香りが人間にもたらす恩恵はとても身近でありながら深いものなのかもしれないですね。心が弱った男子を巡るアロマ関連の記事を書いていてそんなことを思いました。

アロマの手作りのお守りをもっと知りたい方は、こちらの本『アロマお守り手帳ーストレスに効く。恋に効く。』(主婦の友社/著:高原千芙美)がなかなか素敵レシピ満載でいいですよ?。


(まりこ)

【関連記事】・心が弱った男子ほど「香り」に敏感? 薬草男子が求めるアロマオイル
・薬草魔女に教えてもらった『2万円の美容液』に匹敵する植物オイルのレシピ
・800年前のドイツの薬草魔女考案の「老若男女の喜びに効くクッキー」
・恋活成功の最終必殺裏ワザ「惚れ薬の作り方」
・試す価値あり? 民間療法でウィルスを防御?幸せを呼び込む日本人の祈りと知恵
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。